• ホーム
  • 乾燥肌をオアシスのごとく潤すヒルドイドのすごさ

乾燥肌をオアシスのごとく潤すヒルドイドのすごさ

2019年12月28日

美容系雑誌やネットの口コミでも話題になっている保湿アイテムの一つに、ヒルドイドというクリームがあります。これは本来医療用医薬品であり、アトピー性皮膚炎の方の保湿剤や火傷の傷跡のケア、さらに血行障害による疼痛と炎症性疾患の治療のために、医療機関で処方されています。

ヒルドイドの有効成分はヘパリン類似物質ですが、このヘパリン類似物質は体内にあるヘパリンに似ており、保湿と血行促進、さらに炎症を抑えるという3つの働きがあります。新しい細胞の誕生を助けてくれる効果もありますので、スカスカ状態だった細胞を潤す事が出来、なおかつその浸透力はセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸よりも深い部分まで届く事でエイジング効果もより高いということがわかります。

年齢とともにコラーゲンの生産量はどんどん減少しますし、それによって乾燥肌になればあらゆる肌トラブルが引き起こされます。ヒルドイドをつかう事で、真皮に近い部分までうるおい成分を届けることができますので、深いところまで保湿をすることが出来ます。乾燥肌に潤いを持続させ、さらに炎症を抑えたり血行促進してくれますので、新陳代謝にも良い効果がありターンオーバーの正常化にも作用します。

そこで高保湿出来るヒルドイドを使いたいと思った時に、このお薬は医療用医薬品ですので美容目的となれば保険が適用されませんし、そもそも普通の皮膚科ではそういった目的では処方してもらえない事があるという問題が出てきます。

最近このヒルドイドを美容目的でありながら保険を使って手に入れている方が増えているというのは、違法であるし問題視もされています。しかし同じ成分が配合されているヒルメナイド油性クリームやピアソンHPクリームは市販薬としても登場していますので、ドラッグストアなどで購入することも可能です。ヒルメナイド油性クリームとピアソンHPクリームは市販薬ですが、もっと効果の強い物を求めている方には、ヒルドイドフォルテクリームという医薬品もあります。

ヒルドイドフォルテクリームは、ヘパリン類似物質の含有量が通常の物よりも多い為、個人輸入サイトなどでの通販で購入します。個人輸入も一般的な通販とほとんど変わらない購入方法ですので、初めての方も簡単に利用出来ます。

市販薬や個人輸入で購入する際には、副作用は事前に確認して自己責任で使う事になります。副作用は発疹やかゆみなどがありますが、基本的に赤ちゃんでも使えるぐらい低刺激ですので過度な心配はいらないでしょう。

関連記事
肌年齢も若返る?プラセンタのことを教えます!

アンチエイジングを目指す方の間で、今注目されているのがプラセンタです。年齢とともにお肌には様々な老化現象が起こりますが、シミやシワ、たるみなど様々な悩みをお持ちの方はぜひ参考にしてください。プラセンタは胎盤から抽出された成分なのですが、胎盤は赤ちゃんに栄養を送るための臓器のため、アミノ酸やタンパク質

2019年11月28日
シミの種類と原因は?放置しておくとどうなるの?

美肌を目指す方にとって天敵のシミですが、一言で言っても実は種類が色々あります。それぞれの種類によって原因も異なりますし、対応の方法も変わってきます。放置してしまう事でどんどん濃くなったり増えることもありますので、まずはそのメカニズムも含めて対策を考えていきましょう。まず茶褐色でニキビや虫刺され、火傷

2019年11月25日
乾燥こそ肌トラブルの天敵である!その理由とは

アンチエイジングを考えた時に、乾燥は肌トラブルを引き起こす原因とも言われていますし保湿が重要というのもなんとなく知っているという方は多いでしょう。しかし具体的にどのような肌トラブルを引き起こしてしまうのか、お肌のメカニズムを知る事から始めていく事が大事です。まず10代の頃には皮脂の分泌量も多く、ニキ

2019年12月12日
メラニン生成を抑えるハイドロキノン配合のクリームを紹介します!

シミの原因でもあるメラニン色素が作られてしまうのは、紫外線を浴びる事で起こるお肌の防御作用です。通常であればターンオーバーというお肌の新陳代謝によって、古い角質とともに剥がれ落ちて新しい皮膚に生まれ変わります。しかし年齢を重ねたり、生活習慣の乱れやホルモンバランスの崩れでこのタイミングがずれてしまう

2019年11月07日
トレチノイン配合のレチンAクリームで肌トラブルを撃退!

お肌の新陳代謝でもあるターンオーバーの乱れは、様々な肌トラブルを引き起こします。特に年齢を重ねるとともにターンオーバーが乱れてきますので、メラニン色素が濃くなりシミが増えたりします。もちろん若い方でも、このターンオーバーの乱れは角質が硬くなる事で毛穴をふさぎ、ニキビが出来る原因にもなります。そこでそ

2019年10月22日
ハイドロキノンはなぜトレチノインと併用するとシミ対策に効果的なのか

シミ治療で使われている医薬品のハイドロキノンには、漂白作用と、シミの原因でもあるメラニン色素の生成を抑制させる効果が有ります。ちなみに、市販されている美白化粧品の中にはほとんど含まれていませんが、仮に含まれていたとしても濃度が非常に低いので、漂白すると言う程度までの作用はありません。また、その他の美

2019年10月08日